インドアタイプが、外に出かけるたのしみとは

標準

一日働いてくたくたになった仕事の後は、家でのんびり疲れを癒す。

一週間をばたばた過ごして疲れたお休みの日は、家でまったり好き勝手過ごす。人に誘われたら出向くこともあるけれど、基本的にはお家でゆっくりすることが大好きです。ひとり静かな時間が私の癒しで、心休まる日常。そんな超絶インドア派のわたしです(´・ω・)

それなのに、この間のお休みは、意気揚々と喜び勇んで、お外に出かけてしまいました!Σ(・ω・ノ)ノ!

普段はお家でひっそりと過ごしているので、いざ休日に出かけようと思うと「お洋服は何を着よう?」「かばんはどうしよう?」「どんなお化粧をして、どんな顔して歩いたらいいんだろう?」と、戸惑いばかり・・・。いい大人なのに恥ずかしいけれど・・・

それでも「ああめんどくさい。もういいや」とならなかったのは、ぜひとも出かけたかったイベントがあったから。何かというと、「BOOK OFF」のセール!です!!(^O^)/!!

誰もが知っているでしょう、言わずと知れたBOOK OFF。中古の本をたくさん売っているお店です。インドアなわたしは、本や雑誌や映画や音楽が大好き。本・読書は特に大好きで、本屋さんも図書館もよく行きます。

そんな中で、BOOK OFFのセール。どんな本でもお安く持ち帰れるチャンスです。胸が躍るでしょう?電車の広告でセールを知ったわたし。いくらインドアだ、お外は苦手だと言っても、見逃す訳にいきません。( `ー´)ノ

お休みの日に出向いた都心は、やっぱり混んでいて人が多くて、街も電車も混雑していて・・・それでも気持ちはわくわく。新しい本がたくさん手に入るチャンスに、心が躍っていました。

古本屋さんに、あれだけ長い時間で滞在する人が他にいるのでしょうか・・・?そんな疑問を持ってしまうほど、その日の私は長いことBOOK OFFにいました。どれだけ居ても飽きないのです!

本当に読書好きなのだなあと実感しました。好きな作家さん、お気に入りのジャンル、興味はあったけれど触れられていなかった分野、名前だけ聞いたことのある作者やタイトル。すべてが色濃く力強く誘惑してきます。やばすぎるBOOK OFF魔術。

インドアで外が苦手、日差しが苦手、人付き合いが苦手。それでもインドアなりに、勇気を振り絞って出かけたいときが、人にはあるのです。